社員旅行に参加を強制できますか?

1264718448N6W0W4.jpg

社員旅行に参加を強制できますか?

これは実際のところ、どうなのでしょうね。
最近は、社員旅行に参加したくないという人も増えてきています。

気の合った友達や家族と旅行に行くなら良いけれど、普段会社で気を使っている上司と旅行先でまで気を使うのはいやだという人が多いようです。
それに、お酒の飲めない人も宴会では楽しくないでしょうし、行き先によってもいろいろ不平不満はあると思います。
これは私も経験があるのでわかりますが、年齢層が違いすぎると、行き先一つにしてもギャップが大きすぎるのです。

もともと慰安旅行というのは、日頃の労をねぎらい親睦を深めるための旅行であって、ただ遊びに行くのが目的のものではありません。
その意味が理解できるくらいの年齢になれば、たとえ行きたくないと思っても、参加できるようになるでしょう。

一般には、福利厚生の一環のために参加は任意ですが、社員旅行が毎年通例で社員旅費も給料から天引きされていて今までも全員参加だった場合には、参加を強制することができるそうです。

旅行の楽しみは非日常の景色や生活を楽しみ色々な知識を吸収することにあります。
なかでも旅行の食事は格別。
普段お眼にかかれない豪華で珍しい料理や高級レストランを堪能するって最高ですよね。


全国の1泊千円以下の豪華施設付きお宿リストはこちら  ⇒




世界旅行 びっくり法律旅行社
朝日旅行 秘湯

社員旅行に行きたくないので不参加です

130304.jpg

社員旅行に行きたくないので不参加です。

これは、若い社員の人たちほど、その傾向が強いと思われます。
社員旅行は、好きな人にとっては楽しいものでも、苦手な人には、苦痛なものです。
せっかくの休日なら、やっぱり好きな人や、気の合う友達、家族と過ごしたり出かけたいと思うのでしょうね。

社員旅行というのは、なんとなく仕事の延長のようなものですから、休みの日まで上司に気を使いながら旅行には行きたくないという気持ちもわからなくはありません。

でも、会社側は、このような福利厚生に力を入れて、コミュニケーションをはかり、社員の仕事に対する意欲を上げる努力をしているのです。
場合によっては、社長の自己満足かもしれませんが。

私も、やはり社員旅行はいやでした。
行ってしまえば、少しは気もまぎれますが、行くまでが本当に憂鬱だった記憶があります。
私はお酒が飲めませんから、宴会のときなど、無理に飲まされたり勧められたりするのが本当にいやでした。
でも、社員旅行は半ば強制でしたから、参加していました。

全国の1泊千円以下の豪華施設付きお宿リストはこちら  ⇒




社員旅行 知恵
社員旅行 法律

社員旅行に有給を使えばどうなりますか?

112483.jpg

社員旅行に有給を使えばどうなりますか? 

と、いうことですが、そもそも有給というのは、年次有給休暇のことで、労働で疲れた身体をリフレッシュする目的で定められているものです。

たしかに、大手企業などの大会社では、生理休暇や育児休暇などもあり、必ず休まなければならない規則になっています。
でも少人数の会社などは、休まれると仕事がおくれますから、有給を使うときがないのが現実です。

大昔の話ですが、まだ世間でも日給だったころは、年末年始や祝日など休みが多いと、給料が少ないので有給をあてがわれているという話をきいたことがあります。
ですから、社員旅行などでも、有給がたくさんあまっている人たちは、その有給を使っていたそうです。

最近は、いろいろな規則も厳しくなり、給料形態も社員なら、ほとんどが月給ですから、そのようなこともありませんし、ありえません。
社員旅行は、社員本人が自由に取得できるものですから、社員旅行に有給は法の精神からはずれているということです。


全国の1泊千円以下の豪華施設付きお宿リストはこちら  ⇒




修学旅行 知恵
修学旅行 人気スポット

社員旅行は費用どのくらいかかりますか?


社員旅行は費用どのくらいかかりますか? 

この質問に答えられる方って、どれくらいいらっしゃるのでしょうか?

以前、私が勤めていた会社では、社長が旅行社の人と交渉していたので、費用については、経理の人は知っていたかもしれませんが、他の社員たちは知らなかったと思います。
まあ、おおよそは検討がつきますが、それはあくまでも想像ですからね。

社員旅行の費用に含まれるのは、往復の交通費、これは行き先によっても違いますが、いちばん多いのは、たぶん貸切バスではないでしょうか。
そして、全食事代、宿泊代、観光するときの入園料など、それくらいでしょうか。

また、会社によって諸事情も違いますから、費用といっても全額会社負担だったり、社員が一部負担というところもあるようです。

会社が従業員慰安を目的として負担するレクリエーション費用は、福利厚生費として損金算入が可能です。
その中で、社員旅行については、旅行日程が4泊5日以内、全従業員の50%以上が参加などを条件に、給与としての課税をされないことになっています。

全国の1泊千円以下の豪華施設付きお宿リストはこちら  ⇒




修学旅行 京都
卒業旅行 旅行プラン

社員旅行の事故と労災


社員旅行の事故と労災は、どのようになっているのでしょうか?

社員旅行だけに限らず、新年会や忘年会、リクレーションなどいろいろありますが、同じことがいえると思います。
社員旅行の場合は、長時間になりますから、事故の確率も高いですね。
交通事故だったり、観光の途中でのケガなどもそうです。
また、宴会で酔っ払って転んだり、大浴場ですべって転んだという話はよくききますが、このようなときは、どうなるのでしょうか。
また、新年会などの会場へ向かう道中の事故はどうでしょうか。

本当にきりのない可能性が考えられます。
調べましたところ、それらの行事が社員を強制参加させているかどうか、任意参加になっているのかで、補償の有無が決まるようです。

行事が会社にとって、欠かせないもので原則として全員参加のものなら、業務上の災害となります。
任意参加の場合は、一般的に認められませんか、実行委員、幹事など職務の一貫として参加した社員の事故は業務上の災害となるそうです。


全国の1泊千円以下の豪華施設付きお宿リストはこちら  ⇒




旅行業務取扱管理者 試験
学生旅行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。